SOCIE

在野の社会学研究者による尽きなく生きることの社会学

2000年という年のほんのわずかな予感 ーーゼロ年代とはなにかシリーズ①

2000年という年 1999年の大晦日。かすかな期待感を抱きながら寝床についたことを覚えている。 2000年問題、世界中のコンピュータが誤作動を起こし、社会が動乱し、慌てふためく。テレビは通常放送から緊急ニュースに切り替わり、人々が一斉にざわめき立つ。2…

こうの史代原作・片渕須直監督『この世界の片隅に』③

まさか一つの作品に3つも文章を投稿するとは思ってなかったが、書き足りないのでもう少し書いてみたい。 一つ目の文章では、この作品の語りきれない感動を書いた。 二つ目の文章では、正面切ってテーマについて言及してみた。 三つ目の文章では、その作品の…

こうの史代原作・片渕須直監督『この世界の片隅に』②

前回、テーマについての話をほとんどしなかったので、少しテーマについて掘り下げてみたい。こういう作品のテーマ分析をするのは、ある意味「野暮」な作業ではあるけれど。 この作品のテーマを見つけるには、映画よりも原作のほうがわかりやすい。原作漫画の…

こうの史代原作・片渕須直監督『この世界の片隅に』①

2016年の年末にこの映画をみた。個人的には仕事がありえないほど忙しく、土日含めて深夜までずーと仕事をしていたので、ついつい観るのが遅れてしまった。それに公開前に予告をみて、『ほたるの墓』と『はだしのゲン』を足した作品だと思って、自分のセンサ…

生涯ランキングー映画編ー

評論編・小説編・アニメ編に続いて、今回は生涯ランキングの映画編。 並べてみて感じるのは、素直に「印象に残った順」に並べると、やっぱり王道が強いということ。尖ったものとか、オリジナルなものも好きなんだけれど、「王道」の王道たる所以のようなもの…

生涯ランキングーアニメ編ー

評論編・小説編につづき、つぎはアニメ編。ちょっと気が楽になる。 小説編のランキングを見返してみると、あんがいエンタメっぽいのが少ない。こういうのはいけない。アニメ編は気をとりなおして、欲望のままに書いていこう。 ただ、アニメ編に関しては、あ…

生涯ランキングー小説編ー

生涯ランキングー評論編ーにつづき、小説編。 選定基準や注意点は前と同じなので繰り返さない。さっそくやってみよう。 生涯ランキングー小説編ー 第10位 フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(1977) 正直にいって、1位2位は…

生涯ランキングー評論編ー

ひとりで過ごす時間が多い人は、ひとり遊びがだんだんうまくなる。その昔、ムーアの法則といって、「半導体の進化は18ヶ月で2倍になる」というよく分かんない法則があったけれど、あれと同じで、ひとりで過ごす時間が長くなるほど、指数関数的にひとり遊…

村田沙耶香『コンビニ人間』

今年の下半期は、なにかのコンテンツをじっくり見る時間が一切なかった。映画や漫画すら読む時間がなかったので、ましてや小説なんて一行も読んでいなかった。電通の事件が可愛く思えるほどに忙しかった。だから「コンビニ人間」が流行っていることも知らな…

ドナルド・トランプがこれまでの極右政治家とは違うところ

アメリカ大統領選の山場である「スーパーチューズディ」を制したドナルド・トランプ。連日のニュースでも「トランプ逆転」の見出しが躍っている。 「ああ、大変な世の中になりそうだ」と感じてる方も多いと思う。わたしもそう思う。わたしは、「ドナルドトラ…

文芸批評についてー現実と向き合うこと

「文芸批評」というジャンルの衰退が叫ばれてから久しい。わたしとしてはあまり興味のないジャンルなので、文芸批評が衰退しようが構わないのだが、まあ少しは気になる。わたしは社会科学系の専門だけれど、やっぱり近しい分野なのでどうしても先行きくらい…

「萎え」のはなし

11月5日 長くこのブログを放置してきたが、今日から少し続けてみようと思う。 できるだけ毎日書き続けようと思う。毎日書き続けることで、なにかが突破口のようなものが見えればいいのだけれど。 最近ひしひしとある種の「萎え」のような感覚を抱くようにな…

JJエイブラムス「スターウォーズ7ーフォースの覚醒」

スターウォーズ7を観た(@二子玉ライズ)。よかった。どの方角からも(批判の)矢が飛んでくる状況のなかで、よくあそこまで仕上げたと思う。的確な落とし所だ。旧部作ファンに目配せしつつ、しっかりエイブラムス風の新しいスターウォーズを作り上げた点は…

勝敗よりも勝ち方が未来を決める

ルサンチマンは終わらない フランスでIS(イスラム国)による同時多発テロが起こった。 報道によると、6カ所以上で合計120人以上が犠牲になった。痛ましい惨劇ではあるが、どうしても「起こるべくして起こった」感は否めない。日々のイスラム情勢に関す…

見田宗介「社会学入門」

社会学の面白さとは? 社会学というのは、学問のなかの「残滓」のようなところがある。 つまり、残りカス。日常生活でおこる疑問や問いのなかで、これは「◯◯学」の領分である、と規定できないようなものは、大抵「社会学」として扱われることになる。 たしか…

「伝わる」とはなにか?

<要約> このブログのメインコンセプト「伝わる」を解説します。 その要諦は、「語る内容の魅力性によって受け手の興味を誘発させること」。 説得の語法ではなく、「楽しいからおいでよ」という新しい世界へのお誘いの語法です。 「伝わる」とはなにか? み…

生きたことばとはなにか

生きた学問は学びを開始させる。 大学院のころ、私の教授がこんなことを言っていた。 学問には生きた学問と死んだ学問がある。それは教壇に立つとすぐわかる。生きた学問は、説明を始めた瞬間から学生の目が輝き出し、我を忘れたように興味の眼差しを向ける…

貫成人「哲学マップ」

哲学マップ (ちくま新書)(2004/07/06)貫成人商品詳細を見る ・全体をマップ化することの効能 私が社会思想系の大学院に入ったとき、一番驚いたことは、「先輩たちはそれほど本を読んでいない」ということだった。 もちろん私に比べればみんな博識で古今東西…

東浩紀「弱いつながり」

弱いつながり 検索ワードを探す旅(2014/07/24)東 浩紀商品詳細を見る ・東浩紀と偶然性 私は東浩紀という人物の本がわりあい好きである。 「存在論的・郵便論的」には圧倒されたし、「動物化するポストモダン」は今たまに読んだりするし、「情報環境論集」は…

真木田雄介「偶然性の現代社会学」

偶然性の現代社会学: 閉塞するリスク社会(2014/03/23)真木田雄介商品詳細を見る ・恐縮ながら… 電子書籍で本を書いた。 本を読んだり、日常を生きていて考えたことを一つの文章にしてみた。それゆえこれまでのブログで紹介したようなトピック(「閉塞感」や…

マックス・ウェーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)(1989/01/17)マックス ヴェーバー商品詳細を見る ・ウェーバーの過小評価 結構昔のことだけれど、京都市図書館にウェーバーの『プロ倫』が置いてなくて愕然としたことがある。 なんとなく読み返してみ…

九鬼周造「偶然性の問題」

偶然性の問題 (岩波文庫)(2012/11/17)九鬼 周造商品詳細を見る ・なぜ現代において九鬼周造が必要なのか? 原発問題やリーマンショック事件を皮切りに「リスク計算」という問題が注目を浴びている。それと同時に、ビジネスにおいては、ビッグデータが活用さ…

大澤真幸「思考術」

思考術 (河出ブックス)(2013/12/12)大澤 真幸商品詳細を見る ・有意味な読書をするためには 人文・社会科学系の学問に興味を持つものならば知らない人はいないだろう大澤真幸が「思考術」なる本を出した。 ただ本書は、「思考術」というよりも「読書術」とい…

松岡正剛「知の編集術」

知の編集術 (講談社現代新書)(2000/01/20)松岡 正剛商品詳細を見る ・よくわからないおじさん ある程度の読書家であれば、松岡正剛という名に聞き覚えくらいあるだろう。ちょくちょく本も出しているし、ネットで書評もしている。昔は雑誌の編集者だったらし…

高橋由典「行為論的思考」

行為論的思考―体験選択と社会学 (叢書・現代社会のフロンティア)(2007/07)高橋 由典商品詳細を見る ・行為論の面白さ 「行為」とは、人間が意図した、意味ある行動のすべてを指す。 仕事をするのも、ブログを書くのも、友達と意味のないおしゃべりをするのも…

東浩紀・大澤真幸「自由を考える」

自由を考える―9・11以降の現代思想 (NHKブックス)(2003/05/01)東 浩紀、大澤 真幸 他商品詳細を見る ・「自由」な時代は、本当に自由か? おそらく歴史的にみても、現代よりも「自由」な時代は存在しない。 強権的な君主によって虐げられるわけでもないし、…

國分功一郎「ドゥルーズの哲学原理」

ドゥルーズの哲学原理 (岩波現代全書)(2013/06/19)國分 功一郎商品詳細を見る ・これは解説本の神様じゃないか 思想家とか学者とかの難しい本を読むとき、わたしは素直に解説本から読むようにしている。 難しい本を無理やり読んでも理解に時間がかかるだけだ…

大塚英志・東浩紀「リアルのゆくえ」

リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)(2008/08/19)東 浩紀、大塚 英志 他商品詳細を見る ・思想的口喧嘩の対談本 これまでで一番面白かった本は何ですか? と問われたら、私は間違いなく本書を挙げると思う。 この本は、「物語消費…

宮台真司「終わりなき日常を生きろ」

終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)(1998/03)宮台 真司商品詳細を見る ・1995年以降の閉塞感 日本の社会分析家にとって、1995年はただの暦上の一年ではない重要な意味を持っている。彼らは95年以前と以降では、なにかが決定的に…

ウルリヒベック「危険社会」

危険社会―新しい近代への道 (叢書・ウニベルシタス)(1998/10)ウルリヒ ベック商品詳細を見る ・現代の見取り図 この本の社会分析における価値は、マルクスの『資本論』のそれに匹敵するとわたしは思っている。『資本論』は、1867年に公刊されてから1970年く…

村上春樹「ねじまき鳥クロニクル1・2・3」

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)(1997/09/30)村上 春樹商品詳細を見る ・独特の重み さきに白状しておくと、春樹作品において「ねじまき鳥」は私の中の最高得点である。というのも、本書は春樹作品の中でも異質的な「独特の重み」が…

ユルゲン・ハーバーマス「公共性の構造転換」

公共性の構造転換―市民社会の一カテゴリーについての探究(1994/06)ユルゲン ハーバーマス商品詳細を見る ・ハーバーマスがやりたかったこと 「ハーバーマスについて知りたいんですけど、何を読めばいいですか?」という質問をたまに受ける。たしかにハーバー…

内田樹「下流志向」

下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)(2009/07/15)内田 樹商品詳細を見る ・内田樹のポジショニング 文系アカデミシャンの「内田樹」への態度はたいてい二つのうちのどちらかである。無視か罵倒か。 たしかに彼の文章には、論証と…

ジークムント・バウマン「リキッド・モダニティ」

リキッド・モダニティ―液状化する社会(2001/06)ジークムント バウマン商品詳細を見る ・現代社会の様相を記述する予言者 ここ最近のバウマン人気がすごい。名だたる思想家・社会学者に好意的に引用され、もはや「神」扱いである。というのも「現代社会を説明…

カート・ヴォネガット・ジュニア「タイタンの妖女」

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)(2009/02/25)カート・ヴォネガット・ジュニア商品詳細を見る ・カート・ヴォネガットという人 文章を読んでいると、その後ろ側にいる人(作者)の人となりが透けて見えてくるような文章が好きだ。それはなにも小説に限らず、…

デイヴィッド・ライアン「監視社会」

監視社会(2002/11)デイヴィッド ライアン商品詳細を見る ・「監視社会」論の意味 ここ最近、現代社会学の周辺では「監視社会」という言葉がブームになっている。もちろんこの分野をフォローしていない人にとっては全く馴染みないものかもしれないけれど、近…

見田宗介「まなざしの地獄」

まなざしの地獄(2008/11/07)見田 宗介商品詳細を見る ・文筆家としての見田宗介 見田宗介といえば、日本社会学界に燦然と輝く大スターである。その所以はもちろん「人間・社会の総体」を記述するという大柄なテーマ設定とそれに負けない緻密なロジックにある…

にほんブログ村 本・書籍 ブログランキングへ

イアン・ハッキング「偶然を飼いならす」

偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命(1999/06)イアン・ハッキング商品詳細を見る ・社会は「偶然」をいかに処理してきたか? 人間社会は偶然が大好きで、同時に大嫌いである。人との出会いにしろ、人生のライフプランにしろ、まったく偶然が介入しない…

二クラス・ルーマン「信頼」

信頼―社会的な複雑性の縮減メカニズム(1990/12/10)ニクラス・ルーマン商品詳細を見る ・ルーマンは解説より本書を読もう 二クラス・ルーマンといえば、難解で知られる社会学者である。たしかに抽象的な話が延々と続いて、いったいなにを言いたいのか分からな…

エドワード・S・リード「経験のための戦い」

経験のための戦い―情報の生態学から社会哲学へ(2010/03/31)エドワード・S. リード商品詳細を見る ・一次的な経験と二次的な情報の戦い ロジカル人間が現場主義人間に敗北する、というストーリーは現代の十八番になっている。最近では「半沢直樹」でもそんな…

中村雄二郎「共通感覚論」

共通感覚論 (岩波現代文庫―学術)(2000/01/14)中村 雄二郎商品詳細を見る ・学術界の「8対2」の法則 昔、博士課程の先輩にきいた話だけれど、学術界にもいわゆる「働きアリの法則」が成り立つらしい。「働きアリの法則」とは、ビジネス界でやたら引き合いに…

嶋根克己・藤村正之「非日常を生み出す文化装置」

非日常を生み出す文化装置(2001/03)嶋根 克己、藤村 正之 他商品詳細を見る ・「日常/非日常」という視点で現代文化をみる 面白い学術書というのは珍しい。たいていの学術書は、読者を面白くさせるという目的で書かれていないし、だいたい重箱の隅をつつい…

ジェームス・W・ヤング「アイデアのつくり方」

アイデアのつくり方(1988/04/08)ジェームス W.ヤング商品詳細を見る ・60分で読めるけれど一生あなたを離さない本 この本には、上のようなコピーが帯に綴られている。確かに京都-大阪間の電車のなかで読み終えることができた。本文は、かなり大きめの文字で…

絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」

イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)(2006/05)絲山 秋子商品詳細を見る ・「絶世の美女」 絲山秋子の作品をはじめて読んだのは、たしか大学生の頃だった。その頃は「面白いものを書く新しい作家はいないか」と思って新人賞を取った作品を順番に読んでいた。…

真木悠介「時間の比較社会学」

時間の比較社会学 (岩波現代文庫)(2003/08/20)真木 悠介商品詳細を見る ・日本社会学の長老 真木悠介というのは、見田宗介の筆名である。見田いわく、社会学者としての要請として書く書物が「見田宗介」を名乗られ、個人的な学術的関心から書く書物が「真木…

アンソニーギデンズ「モダニティと自己アイデンティティ」

モダニティと自己アイデンティティ―後期近代における自己と社会(2005/05)アンソニー・ギデンズ商品詳細を見る ・日本で大人気の社会学者 現実の社会に現れている現象をスッキリと説明する「言葉」を開発すること、これが社会学のひとつの使命である。たとえ…

堤幸彦「SPEC」

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX(2011/03/23)戸田恵梨香、加瀬亮 他商品詳細を見る ・堤幸彦らしさ 文章を読んだだけで、その文章を誰が書いたかわかるときがある。数行読んで「あれ、これもしかしてあの人じゃないか」と感じ…

赤木智弘「若者を見殺しにする国」

若者を見殺しにする国 私を戦争に向かわせるものは何か(2007/10/25)赤木 智弘商品詳細を見る ・希望は、戦争 もう5、6年前になるけれど、「丸山眞男をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争」という論文が論壇誌に掲載された。「希望は、戦争」という…

吉本隆明「転向論」

マチウ書試論・転向論 (講談社文芸文庫)(1990/10/03)吉本 隆明商品詳細を見る ・なぜ今「転向論」か? 吉本隆明といえば、1960年代に活躍した思想家だし、「転向論」なんて戦前・戦中の思想家を分析した論考である。この2010年代になぜ、そんな昔の論考を読…